What's New

二百十日

日本には、雑節という暦日があります。
雑節は、二十四節気や五節供のように中国から伝わったものではなく、日本人の生活文化から生まれた日本独自のものです。

9月1日は雑節のひとつの「二百十日」(にひゃくとおか)立春(2月4日頃)から数えて210日目の日です。
この時期は台風に見舞われることが多い時期で、農家さんや漁師さんにとっては油断のならないこの日を厄日として戒めるようになりました。

同じく9月11日頃は「二百二十日」(にひゃくはつか)という雑節です。
天気予報なんてなかった昔は、経験からできたこの暦を目安にされていたんですね。

そしてそして、9月1日は「防災の日」でもあります。
1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災にちなんで1960年(昭和35年)に制定されました。
防災セットのチェックとか、非常食、常備薬の期限の確認、万が一のときはどう行動するか、ご家族で打ち合わせておかれるのも大切かと思います。

余談ですが、、、
知人が防災セットを車のトランクに入れていたんですが、非常食の鯖の缶詰が、車内の暑さによって爆発して...なんて災害もございましたので、二百十日の経験談に入れておいてもらえると幸いです。
 
.