What's New

白露(はくろ)

9/8〜22頃を二十四節気は「白露(はくろ)」
秋の気配が深まり、野草に露が宿る季節です。

センチメンタルになる季節。
過ごしやすい気候に伴い、元気とやる気がみなぎります。それと同時に、なんとなく淋しくなる気持ちのバランスが、夏の疲れと相まってしんどいなーという方も多いと思います。

そんな秋に心がけることは、

「夜は考え事をしない」

いつもは読まない恋愛小説を読んでみたり、絵を描いてみたり、お写経をしてみたり...秋の夜長をうまく過ごしてください。
「〇〇の秋」はそんな心のバランスを取るためにあるのかもしれませんね。
 
.

.
 
9/9 重陽の節句(ちょうよう)
菊の節句とも言います。
中国では奇数と奇数が重なる日がとてもラッキーハッピーDayとされていて、平安時代以降、日本でも秋の収穫を祝いながら、見頃の菊の花びらを盃に浮かべてお酒を飲む「観菊の宴」を開いていたようです。

菊はもともと、漢方薬として中国から伝来しました。お造りのツマとかもですが、食用菊は腐食防止効果があります。
また、頭痛を収めるアロマ効果もあるので、重陽に摘んだ菊を枕に詰めて菊枕というのを作ったりもしていたんですって。

さらっと過ぎてしまう1日も、こうしてならわしや言い伝えに想いを馳せてみると、ちょっとだけ厚みが増すような気がします。

<七十二候>
・9/8〜12 草露白(くさのつゆしろし)--- 草に宿った露が白く光って見える時候。暦の上では秋も中盤です。

・9/13〜17 鶺鴒鳴(せきれいなく)--水辺でセキレイが鳴く時候。とっても綺麗な鳴き声です。

・9/18〜22 玄鳥去(つばめさる)--- ツバメたちが南方へ去っていく時候。「玄関の鳥」→「玄鳥」でツバメと読ませるところがいいですね。
 
.